胸が小さいのは、やっぱり遺伝なの?

胸が小さいと、親からの遺伝だから仕方ないかな?と思ってしまいますよね。そして、何をしても無理だと諦めがちです。

でも胸の小さいままはイヤ、できることならバストアップをしたい!そう思って、情報を調べている人が多いと思います。

胸の小さい理由は、果たして本当に遺伝なのでしょうか?家族も小さかったら、諦めるしかないのでしょうか?

胸の小さいのは遺伝しにくい!?

胸の大きい・小さいは遺伝しにくいんです。遺伝しても、なんと3~4割程度と言われています。

「でも家族揃って小さいよ!やっぱ遺伝じゃないの?」と思うかも知れませんが、それはどちらかというと生活習慣が大きいです。

家族ってどうしても、同じようなものを食べ、同じような生活リズムで生活しやすいですよね。

胸のサイズは睡眠時間や食生活などの生活習慣によって決まるので、似た生活をしていれば似たサイズになってしまうのです。

女性ホルモンでバストアップ!

遺伝はそうあることではないし、遺伝よりも生活習慣で胸が小さいことが多いとわかりましたね。では、どうしたらバストアップできるのでしょうか。

胸はほぼ脂肪というのは有名ですが、それ以外の構成要素の乳腺と筋組織については知っていますか?

胸の一番体側は、男性同様筋肉です。胸板の上に乳腺があり、それを包むように脂肪がついているイメージです。

つまりですよ、乳腺を育てれば脂肪も増えて、バストサイズもアップするということです。

乳腺を育てるには、女性ホルモン!

でも乳腺は筋肉ではないので筋トレはあまり意味がありません。どうやって育てるのでしょうか?

答えは女性ホルモンにありました。女性ホルモンを増やすためには恋愛をするのがいいです。

けれどもそれが難しい場合は豆乳やキャベツなど、女性ホルモンと似た働きをする飲食物を摂取するといいです。

寄せて上げる、パッドを入れる。それはもう古い!?

一昔前は、バストを大きく魅力的に見せるために、バストをぎゅうぎゅうに寄せて上げたりパッドを入れるのが主流でした。

でもそれではバスト自体は大きくなっていないし、形が不自然になりやすいうえに、脱いだら元に戻ってしまいます。

ですから最近は、育乳ブラというものが主流なんです。育乳ブラとは、バストの育成をサポートするブラジャーです。

今でこそ色んな育乳ブラが存在していますが、以前は外国のものがメインでした。

育乳ブラを選ぶには、サイズとなりたい形と価格、少しずつ異なる商品ごとの特徴をよく確認する必要があります。

そうして育乳ブラを選び継続して着用することで、バスト自体がどんどん育っていく仕組みになっています。

育乳ブラならクリスチャンマリアがいいですよ。

スレンダーさんには、断然育乳がおススメ!

今でもよく聞くのが、大手下着メーカーのショップで正しいつけ方をすると、大きくなるということです。

でもあれって結局、脇や背中に流れたお肉をかき集めてブラジャーに入れて、寄せて上げているだけなんです。

つまり皮下脂肪のほとんどない痩せ型の場合、あまり効果がないんです。

でもそれで効果がない人でも、バストアップしたいですよね。そこで育乳がおススメなんです。

バストアップのための様々な機能がたくさん入った育乳ブラで、あなたも育乳してみませんか?